事前に知っておくと便利!コーヒーの資格に関する情報まとめ

コーヒーについて理解しよう!期間や費用など資格に関する情報満載

資格を取得するために…

コーヒーの資格を取得するためには、専門学校に通うことが良いと分かりましたが、どのような方法で入学をすればいいのでしょうか。ここでは、専門学校に通う流れや知っておくと便利な情報を紹介しているので必見ですよ。

コーヒーの専門学校を入学する流れ

まずは入学願書を手に入れる

資格取得や知識、技術を身に付けるためにコーヒーの専門学校に行く場合は、まず入学願書を手に入れることからはじめます。資料請求などをして願書を入手しましょう。

入学願書の提出

入学願書を手に入れて必要事項をすべて記入することが出来たら、次は願書の提出になります。提出方法は学校によって違いがありますが、大体は郵送や窓口に持参、FAXとなっています。

受講料や教材費の支払い

無事に入学願書の提出ができたら、受講料や教材費などの支払いに入ります。銀行振り込みやクレジットを利用して支払いが可能となっているので、確実に納入できる方法を選びましょう。

開講の案内書などを受けとる

受講料や教材費の支払いが完了したら、開講案内が郵送されてくるので、それをしっかりとチェックしておきましょう。案内書に開講日やオリエンテーションなどの情報が掲載されています。

入学

上記の項目がすべて済んだら、いよいよ入学です。これからコーヒーについて本格的に学んでいくためにも、気合いをしっかりと入れて学校に通いましょう。

事前に知っておくと便利!コーヒーの資格に関する情報まとめ

coffee

取得にかかる期間

コーヒーの資格を取得したい場合、専門学校に通うのが1番となっています。コーヒーマイスターだと資格取得でかかる期間は勉強を開始してから大体、4ヶ月ほどで可能となっています。専門学校では色々なコースが用意されているので、取得したい資格に合わせて選んでいくと良いですよ。

発生する費用

資格を取得するためには勿論ですが、お金が発生します。種類によって違いがありますが、コーヒーの資格を取得するためには安くて数万円、高くて数十万円は必要となるでしょう。なお、専門学校に通って資格取得を目指す場合は10~60万円ほどの費用が掛かります。

気になる難易度について

基本的にコーヒーの資格はきちんと基礎を学んで勉強をしていけば、きちんと取得することが出来ます。中でもコーヒー鑑定士やコーヒーマイスターの上位資格などは難関となっており、合格率が低いのが現状です。これらの資格を目指す場合はしっかりと知識と技術を身に付けておきましょう。

将来に活かせる

専門学校でしっかりとコーヒーの資格を取得して、知識と技術を身に付けることでカフェ開業やバリスタとして活躍することが出来ます。コーヒーは使用する豆や焙煎の方法で味が異なります。コーヒーのことを理解して、将来に活かしていきたい場合は専門学校で学ぶのが賢明と言えます。

コーヒーをマスターしていこう!

海外の有名コーヒーチェーン店の国内進出やラテアートが人気となったことから、コーヒー業界の魅力に触れる人が多くなりました。ただ淹れるだけではコーヒーの良さは出ません。美味しいコーヒーを淹れて、よりコーヒーの理解を得るためにも資格などを取得してマスターしていきましょう。

広告募集中